保険 見直し方 選び方

生命保険の選び方は、保険の目的と年齢、家庭環境で変わります

娘小 その保険、今のままでいいですか?

FPは高度な資格を持った保険のプロ

正しい保険の節約をプロに無料で相談

今、無料相談で厳選A5黒毛和牛もらえます

日経PB第一位の無料相談 桃二連右保険マンモス

 

 

医療費も大変だよ

生命保険に加入して、10年から15年もすると、保障内容が時代遅れになってしまったり、家庭環境や経済状態、家族の年齢が変わったなどで、生命保険の見直しを考える方が大勢いますね。
保障が時代遅れになると言うよりも、結婚や出産、家族が増える、老後を迎えるなど、家族環境や年令による環境の変化で生命保険がこの先の自分や家族が生きる目的に合わなくなるのです。

 保障が時代遅れになってしまう例でいえば、以前は「成人病」といっていたものが、その内容が変わったり範囲が広くなったりという変化で、今では「生活習慣病」です。
もちろん、「成人病」の保障より「生活習慣病」の保障がこれからの時代に合っているでしょう。医療の発達などで、生命保険が使える医療の範囲が広がったとき、以前の生命保険では対応できない場合もあります。

 お子さんの教育資金が必要な時期は、ご夫婦は「がん」や生活習慣病の備えを考える時期です。
こんなとき、ご夫婦が若いころ加入した生命保険が、今の家族に合うでしょうか?
こんな場合、新しく医療保険に加入するだけではご家族全体のことを考えると不安です。

15年前48歳の人は今63歳。これから定年を迎える方、定年後の家庭環境は大きく変化しますね。
15年前にお子さんや家族のために加入した生命保険が、お子さんが自立している夫婦に必要でしょうか。
子供が自立したご夫婦の保険であれば、老後資金や、入院をしてしまうリスクに備えるべきでしょう。

まず、この流れを押さえておくことが生命保険の見直し方の前提になります。

息子小 ムダな保険にお金を出してませんか?

保険のプロがあなたの保険を無料で診断

保険改善のアドバイスは何度でも無料です

満足度95%の無料相談 桃二連右保険マンモス


今、無料相談で厳選A5黒毛和牛もらえます

生命保険を見直す前に、年齢や家庭環境、保障したい目的を考えましょう。

このように生命保に頼る目的、つまり保障の目的は10〜15年で全く変わってしまいます。保障の目的が変わるのですから、生命保険も変えなければいけません。生命保険の選び方が問われます。
まずは、自分やご家族の今と将来を考えて、生命保険の目的を考えることが生命保険見直しの近道です。

 若い独身であれば、万が一自分が死んでしまったときや、事故などで重い障害を負ったときの、先の長い生涯を支える保障が目的になるでしょう。この一言だけでは実感が持てないかもしれません。「自分が死んだら葬式代が出ればいいや」と考える若い方は多いですから。

独身の男女

親の葬式を2回経験した私に言わせれば、保険金でまかなう葬式代なんて100万円もあれば十分です。
葬式に関する一切の費用は、香典返しを含めても、頂いた香典でかなりまかなえますので。では、若い人にとって何が一番怖いのかというと
重い障害を負い続ける長い時間」なのです。

ちょっと言葉が過激かもしれません、前にも書きましたが「事故などで重い障害を負ったときの、先の長い生涯」が怖いのです。

2070年には平均寿命が90歳を超えるらしいと言うことを前提にして
例えば20歳で、事故などにより寝たきり状態になった時、残り70年をどうやって生きていくか、金銭面で不足は無いかと言う心配が出てきます。

ちょっと計算してみましょう
1か月最低15万円の生活費が必要な場合
15万円x12か月x余命70年=1億2,600万円 が必要です。

ちょっと変ですが40歳独身の場合ですと
15万円x12か月x余命50年=9,000万円 が必要です。
実際には国から補助があるのでこの金額は大げさですが、若い方ほど生きるための資金が必要です。
この資金をどうやって準備しておくか、で、万が一の時親や兄姉弟妹にかける負担の大小が違ってきます。

 では、結婚したときはどのような保険に加入すれば良いでしょうか。
私なりの正解は「保険を変える必要は無い」です。なぜなら、若い夫婦がそれぞれ上記のような長期保障に入っていれば、自分の保険で自分の生涯を保障できるからです。
また、その保障は加入してから10年も経っていない場合が多いので、さほど古くはなっていないはずです。

 お子さんがいる若いご家族であれば、保険料を抑えながら残された家族の生活費とか

家族写真

お子さんが自立するまでの学費や生活費を残すことが目的になるでしょう。
ここで一番悲惨なのはお子様がまだ小さいうちに、稼ぎ頭の親が亡くなったときです。この場合、学資保険に加入していたとしても、小さいお子様が大学を卒業するまでの生活費が準備されていないので、国からの補助を受けても生活費的にかなりきついという場合が多いようです。

ここで大切なのは、「自分自身の生涯の保障」と「お子様の、大学卒業までの学費と生活費」が準備できているかどうかだと思います。

 お子さんが大きくなったご家族は、若いころに加入した保険が今の家族環境に合っているか、保険料が負担でないかを考えたいですね。また、入院対策も講じておきたいところです。

 定年前後のご夫婦は、老後の生活資金や、入院した時に家族に迷惑をかけないようにする保障を考えるべきでしょう。そして今大切なのは介護状態になった時の保障ですね。

娘小 保険のプロ、FPが見直しをアドバイス

イエローカード制で、しつこい営業ナシ

満足度95% 桃二連右 保険マンモス桃二連左


今なら無料相談で高級黒毛和牛プレゼント!

保険の見直しは、失敗が許されない

大分エラそうなことを書いてきましたが、管理人の考えは数ある保険の理想のほんの一部です。
実際は十人十色なので、それぞれの人や家族が保険選びに苦労してしまうのが現状です。

 例えば、家電でエアコンを選ぶ時、気に入ったメーカーのエアコンを買いたいのに「お客様の家の間取りの場合、このメーカーのエアコンを取り付けるのは、配管の取り回しが長すぎて不可能なので、別メーカーのこのエアコンが最適です。」と言われることがあると思うのです。一生懸命値段を調べて、取り付ける壁の大きさも計って準備したのに、まさか配管の長さで駄目とは・・・。
実は、これは生命保険にも言えることなのです。

 多くの人が生命保険比較や生命保険見直しサイトを見て、自分で研究したり資料請求をするようです

たくさんの資料

が、せっかくの生命保険選びなのに
ご家族やご自身に最適な保障内容や、最新の生命保険情報を自分で集めて研究するのは、時間的にも労力的にも大変な作業になります。

やっと理想に近い保険を探しあてて加入しようとしたら、体況(健康状態)や加入条件が引っかかって加入できなかった。
加入してからしばらくして、よく考えてみたら家族の将来を保障する目的から外れた保険だと気がついた。などということがあったら、失敗を後悔するばかりですね。

 生命保険会社や保険商品にも得意や不得意があるので、生命保険の目的をクリアして、保険料を安く、失敗の無い理想的な保障内容にするには、どうしても複数社の保険商品を組み合わせる必要があります。
そのために、複数の生命保険会社の商品を扱い
一社だけの生命保険会社に所属していないファイナンシャルプランナー(FP)無料で相談できる

保険マンモスのFP

サービスをおすすめします。
(当サイトでは保険マンモスを一番にオススメしています。)

一社の保険会社だけの商品に縛られることなく、しかも無料で生命保険の相談をしてくれますし、相談したからといって無理に保険を売りつけることもしません。

 ファイナンシャルプランナー(FP)は
「このがん保険は、1千万円の保険金が支払われた事例があります」とか
「この生命保険会社の介護保険は、保険会社の独自基準ではなく、介護保険制度の要介護認定の度合いを基準にして保険金が出ます。」
など、
生命保険金の実際の支払例や、同じ種類の保険ならどの生命保険会社が安いなどの情報に詳しく、そして、生命保険も使い方のいい意味での裏技も知っていますし、こういった知識を基にした、複数社の保険商品の組み合わせも慣れています

何十冊のパンフレットを何日もかけて見るよりも、ファイナンシャル・プランナーの生命保険無料相談で、生命保険の悩みが1時間で解決するかもしれません。
(←すみません、誇張しすぎました。実際は複数回の相談をして、あなたが納得したら保険を替えることになります。)

生命保険の無料相談サービス、正直、オススメです。

息子小 FPは、凄い資格を持った保険のプロです

FPが見直しを無料でアドバイス

プロの正しい保険減額で貯金と教育費を増やす

満足度95% 桃二連右保険マンモス桃二連左

無料相談で厳選黒毛和牛もらえます。今!

保険の見直しに、保険マンモスをオススメしている理由

緑肯定 国家・民間資格のファイナンシャルプランナー(FP)という金融や生命保険のプロ
とても丁寧に生命保険の基礎や、あなたの家族に必要な保障(金額)や、生命保険の疑問をわかりやすく説明してくれます。

保険マンモスのFP

さらに、複数の生命保険会社の商品を同時比較できるので、生命保険の悩みが短時間で解決できますよ。

保険マンモスのホームページを見ると、保険料の節約が多く書かれていますが、保険を安くするだけの相談ばかりで家族を守る保障内容や保障金額も相談しないと、せっかくの保険のプロの知識や知恵ががもったいないです。

家族の将来の保障をしっかり設計することもしっかり相談出来るのが、平均約八年の実務経験・複数社の保険商品を扱える保険マンモスの厳選されたファイナンシャル・プランナー(FP)なのです。

ご自宅や会社、カフェなど、あなたの都合の良い場所・日時に保険のプロの(FP)が来てくれるのも便利です。
保険マンモスのファイナンシャル・プランナー(FP)が、しつこい勧誘をした とか 保険相談で不快な思いをしたというときに、担当FPを変更できるイエローカード制度があります。

保険の相談はどうしても複数回になるのが当たり前なので、何回相談しても無料です。

生命保険のプロの提案が納得出来なければ、気軽に断れますので、安心です

保険マンモスの生命保険のプロ(FP)無料相談
ムダな保障を無くして、保険料を安くするためにも、一度相談してみることをオススメします。

娘小 FPの保険減額と家計スリム化相談

FP無料でアドバイスしてくれます

無理な勧誘や失礼な態度対策も万全

イマイチな提案は気軽に断れます

一位獲得の無料相談 桃二連右保険マンモス桃二連左


今、無料相談でA5クラス黒毛和牛プレゼント